畑山水産

JapaneseEnglish
HOME > 商品紹介

商品紹介

タコ:八本足

タコ:八本足


 天草はタコの巣穴となる岩や、カニやエビなど好物の住む砂地、身を引き締める速い潮流と魚介類が育つのに好条件がそろっています。そんな天草で獲れるタコは、早い潮流により身が締まって美味しいのです。
 牛深タコ牛深港に水揚げされる真ダコは、6~8月の期間に沖合にタコ壺を仕掛けます。
 有明海と八代海の九州山地から流れる栄養分豊富な水と黒潮がぶつかり合う漁場は、多くの資源を育みます。
 この海底にタコ壺は仕掛けてあります。
 年によってバラつきはありますが、毎年100トン前後、多いときは200トン以上の水揚げがあります。
 特徴は外海の栄養分豊富な漁場で育った足太でしっかり味のする地ダコという点です。
 タコ壺漁で捕ったタコは、網などに擦れてキズがつくこともありませんので、蒸し揚げてきれいにしあがります。
 水揚時に港で生きたタコを大量の氷で締め、鮮度が抜群の状態で急速冷凍しておりますので生臭さがなく、口に含むと磯のよい香りがします。
 当社のブランド「八本足」は加工品も「スライスタイプ」と「ぶつ切りタイプ」とご用意させて頂いております。いずれも半生状態で真空パックしておりますので、風味を損なうことなく、天草の磯の香りをご堪能できると存じます。
畑山水産のたこを使った学校給食用の美味しいレシピ紹介

ブリ

ブリ

 出世魚のブリは成長して名前が変わるだけでなく、体もおいしさの素である脂を蓄えることが出来るように変化していきます。
 熊本県天草のブリは豊かな海で育まれたキリっと身の締まった筋肉質の霜降りの身質が特徴です。
 引き締まった身の食感と脂ののったまろやかな深い味わいは、一度口にしたら忘れられません。
 地元の漁師達もおススメの確かな品質の美味しいブリです。


  • 生鮮カマ付ブリフィレ

  • 生鮮皮付ブリロイン

  • 生鮮皮無ブリロイン

イワシ

 牛深で、八田網(はったあみ)によるイワシ漁が始まったのは明治27(1894)年のことです。漁期は、春先から晩秋までで、主に梅雨期間後に魚群が岸に接近したときにイワシをとりました。 戦後昭和21(1946)年に復興した牛深のイワシ漁業は、八田網(はったあみ)にかわり、巾着網(きんちゃくあみ)漁法が登場してきます。巾着網漁法とは、1船団5艘(そう)からなる巻き網漁で、投網(とあみ)をしたあと、網の下部に取り付けた環を通した綱を巻きしめた時の形が、巾着財布(きんちゃくさいふ)に似ていることからこの名がついているそうです。

シイラ

シイラ

 見かけの荒々しさと対照的に、味はクセがなくバター焼きやムニエルなどで美味しく食べられます。脂の乗ったハラス部分の蒲焼も格別です。山陰・九州以外ではあまり食べられていないようですが、欧米では高級魚扱いされます。ハワイでは「マヒマヒ」と呼び、日本人の客にも人気があります。たんぱく質が豊富で脂肪が少なく、ヘルシーな夏の魚といえます。

PAGE TOP